masam’s BLOG --AMUBLO【アムブロ】--

安室奈美恵//NAMIE AMUROちゃんネタのブログ。

“平成の歌姫”が14年ぶりの紅白出場で見せつけた貫禄とは!?


スポンサードリンク

昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」は、関東地区の平均視聴率が2部制となった1989年以降で歴代ワースト3位(第1部35・8%、第2部39・4%)と振るわなかったものの、今回が“ラスト紅白”だった安室奈美恵(40)の歌唱シーンで48・4%の瞬間最高視聴率を記録。


“平成の歌姫”が14年ぶりの紅白出場で、さすがの貫禄を見せつけた。
安室奈美恵さん出演終わった瞬間の落ち込みも酷いもの。

平均視聴率は2年ぶりの40%割れとなったものの、引退を決めていた安室とともに桑田佳祐(61)を出演させたことで、番組としては高い評価を得ている。


それでも、NHK内部からは、昨年1月に会長に就任した上田良一氏(68)への恨み節も聞こえてくる。

「倹約家の会長に代わったことで、制作費が大幅にカットされたのが演出上の制約にもなっていた。安室もメディアでは『超VIP待遇』と書かれていましたが、あの特設スタジオのセットだって新たに制作したものではなく、既存のセットをうまく利用したもの。受信料で賄っているだけに、制作費を抑えるのは健全といえば健全なんですが…」

そんななかで安室が14年以降最高となる瞬間最大視聴率を叩き出したことは、視聴率低迷に苦しむNHKへの大きな貢献となったのは間違いない。


 今年9月16日に引退する安室だが、一部では引退後にプロデュース業に乗り出すとも言われ、そればかりか、安室自身が数年後に復帰するのを確実視する声もある。自らの引退発表をスクープさせ、さらに“ラスト紅白”でもNHKに大貢献した安室。万が一、報道されているように、数年後に復帰するならば、その舞台はまたNHKになるのかもしれない。

引用:“シブチン紅白”に大貢献・安室 数年後に復帰なら舞台はNHK?