masam’s BLOG --AMUBLO【アムブロ】--

安室奈美恵//NAMIE AMUROちゃんネタのブログ。

『安室奈美恵』に関するニュース記事一覧。注目ニュース!!

安室奈美恵』に関するニュース記事一覧。

  注目ニュース!!

 最新の安室奈美恵関連ニュースをまとめてみました。

f:id:masam2002637:20171213010421j:plain

画像:yahooimage

2018年2月より安室奈美恵自身最後となる5大ドームツアーを

開催する。そのチケットの争奪戦が目まぐるしい倍率で激戦となっている。 

 

100公演を達成したライブツアー 

namie amuro LIVE STYLE 2016-2017 [DVD]

 

1997年にTRFサムとの結婚 

入れ違いの多い夫婦生活に2002年にピリオドを打つ。

 

当時25歳の安室奈美恵。5歳の長男と共にシングルマザーとして、

『守るものがあるから 強くなれるの』とFinallyの歌詞にも

あるように、この15年間自身の葛藤とも戦う日々を過ごしてきた。

masam2002637.hatenablog.com

namie amuro 5 Major Domes Tour 2012 ~20th Anniversary Best~ [DVD]

安室奈美恵出演 ドコモ公式 新CMメイキング namie amuro×docomo 25年の軌跡篇 1分46秒配信。CM曲 ”How do you feel now?”

 安室奈美恵出演 ドコモ公式 新CMメイキング namie amuro×docomo 25年の軌跡篇 1分46秒配信。CM ”How do you feel now?”

 

安室奈美恵×docomo】 新CM公開!!!

小室哲哉さんとのコラボ 『How do you feel now?』 使用されてます!!  

 

安室奈美恵が渋谷スクランブル交差点でパフォーマンス!

約17年ぶり小室哲哉とのタッグ使用のドコモ新CM

 

これ初めて見て、一番最初のシーンには特に驚愕した。 「え?何?スターウォーズバリのCG合成?」かと思いきや安室ちゃんは全然老けてないという。 TKプロデュースのも抜群に良い。 安室奈美恵、25年“振り返る”ドコモ新CM 1992年の渋谷交差点にタイムスリップした感じ。

 

CMではタイプA・タイプBと種類の異なるCMがある。

1992年来の衣装で安室奈美恵が渋谷交差点でダンス。

 


安室奈美恵、25年“振り返る”ドコモ新CM 1992年の渋谷交差点にタイムスリップ


「namie amuro×docomo 25年の軌跡」篇 TYPE B

 

 

2017年YouTubeで最も再生された動画は?<ランキングトップ10> #YouTube #YouTubeRewind

画像2017年YouTubeで最も再生された動画は?<ランキングトップ10>

f:id:masam2002637:20171209194625p:plain

画像:yahoo image

#YouTube #YouTubeRewind

 

YouTubeは、1年間を動画で振り返る企画「YouTube Rewind(リワインド)」の 2017年グローバル版を公開した。

 

同年にアップロードされた動画の中で最も注目を集めた動画のランキングを、全世界での再生、共有、コメント、評価、派生動画の数などのさまざまな要素をもとに選定し、各カテゴリで紹介している。

 

 

 

YouTube史上もっとも視聴された動画が誕生

 

今年は、世界的人気となったルイス フォンシとダディー ヤンキーの「Despacito」が新記録を樹立。2017年のトップトレンド音楽ランキングで1位を獲得しただけでなく、累計40億視聴回数とYouTube史上もっとも視聴された動画となった。

また、2位はEd Sheeranの「Shape of You」。音楽ランキングだけでなく、同曲を使ったKyle Hanagamiによるダンス振付動画がトップトレンド動画の世界2位にもランクインした。

【ランキング トップ10】
1.Luis Fonsi/Despacito ft. Daddy Yankee

Luis Fonsi - Despacito ft. Daddy Yankee & Justin Bieber (SING OFF vs. Pixie Lott)

2.Ed Sheeran/Shape of You [Official Video]

Ed Sheeran - Shape of You [Official Video]

3.J Balvin, Willy William/Mi Gente (Official Video)


J Balvin, Willy William - Mi Gente (Official Video)

4.Maluma/Felices los 4 (Official Video)


Maluma - El Perdedor (Official Video)

5.Bruno Mars/That’s What I Like [Official Video]


That's What I like - Bruno Mars [Official Video]
6.Chris Jeday/Ahora Dice (Official Video) ft. J. Balvin, Ozuna, Arcángel
7.05. El Amante/Nicky Jam (Video Oficial) (Álbum Fénix)
8.Jason Derulo/Swalla (feat. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign) (Official Music Video)
9.DJ Khaled/I'm the One ft. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper, Lil Wayne
10.0Enrique Iglesias/SUBEME LA RADIO (Official Video) ft. Descemer Bueno, Zion & Lennox

 

音楽以外のトレンドは?

 

音楽を覗く今年のトップトレンドには、振付、アニメーション、ライブパフォーマンスなど、さまざまなジャンルの動画がランクイン。1位は、ゲストが顔をマスクで隠して歌唱する、タイのテレビ番組「The Mask Singer 2 」にタイのロックバンドのボーカルが出演した回となった。

そして、2位にはKyle Hanagamiによる「Shape of You」の振り付け動画、3位には見事なトリックショットを披露する Dude Perfect による動画がランクイン。今年のグローバルトップトレンド動画トップ10だけで、総合で6億3000万回を超える視聴回数があり、4000万時間以上も視聴されている。

【ランキング トップ10】
1.Until We Will Become Dust - Oyster Masked (ตราบธุลีดิน - หน้ากากหอยนางรม) | THE MASK SINGER 2

ตราบธุลีดิน - หน้ากากหอยนางรม | THE MASK SINGER 2

2.ED SHEERAN - Shape Of You | Kyle Hanagami Choreography


ED SHEERAN - Shape Of You | Kyle Hanagami Choreography

3.Ping Pong Trick Shots 3 | Dude Perfect


Ping Pong Trick Shots | Dude Perfect
4.Darci Lynne: 12-Year-Old Singing Ventriloquist Gets Golden Buzzer - America's Got Talent 2017


Darci Lynne: 12-Year-Old Singing Ventriloquist Gets Golden Buzzer - America's Got Talent 2017
5.Ed Sheeran Carpool Karaoke


Ed Sheeran Carpool Karaoke: First Look - Late Late in London
6.Lady Gaga's FULL Pepsi Zero Sugar Super Bowl LI Halftime Show | NFL
7."INAUGURATION DAY" — A Bad Lip Reading of Donald Trump's Inauguration
8.history of the entire world, i guess
9.In a Heartbeat - Animated Short Film
10.Children interrupt BBC News interview - BBC News

 

 

2017年を動画で振り返る

そして、2017年世界で話題になった動画、出来事、人物をまとめた動画も公開。世界20ヶ国以上から約300人の動画クリエイターやアーティストが制作に参加しており、日本からは、おるたなChannel、かわにしみき、キヨ、スカイピース、バイリンガールちか、はじめしゃちょー、HIKAKIN、フィッシャーズ、水溜りボンドが出演している。

 おるたなChannel


スーパー貸切ってガチかくれんぼ対決したら奇跡起きたww

 かわにしみき


最近の悩み。。。。

キヨ

 


キヨ、新垣結衣(ガッキー)になる

 

 【過去ブログ】

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

 

 

 #YouTube #YouTubeRewind

引用:https://mdpr.jp/news/detail/1732973

 

 

 

 

安室奈美恵が電撃引退発表の直前にみせた“異変”とは?

 

安室奈美恵が電撃引退発表の直前にみせた“異変”とは?

歌手・安室奈美恵(40)の突然の“引退宣言”で芸能界に衝撃が走っている。

 

f:id:masam2002637:20171209002426j:plain

画像:yahoo image

 

 自身の公式サイトで1年後の引退を発表した20日は、安室の40歳の誕生日。今月16日にデビュー25周年を迎えたばかりだった。

 

「ファンの皆様へ」と題された文章では、「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」との前置きから、「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます」と記した。

 

 引退コメントの発表を受けて、安室が所属するエイベックス関係者は「寝耳に水だった。公式サイト以外はわからない」と話していることから、引退発表はごく一部の人のみに知らされていたと思われる。

 一方、引退発表の前から安室には“異変”の兆候があったという。芸能評論家の三杉武氏はこう分析する。

 

「今月16、17日に開かれたデビュー25周年の沖縄凱旋ライブでは、ソロデビュー曲の『太陽のSEASON』、SUPER MONKEY’S時代のデビュー曲『ミスターU.S.A.』は22年ぶりに歌うなど、ふだん歌わない曲を披露したことが印象的でした」

太陽のSEASON - 安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S 1995-05-05

 

 

 それだけではない。アーティストとしての意識が高い安室は、個人のSNSのアカウントを持たず、ライブでもMCはほとんどしない。だが、この日は違ったという。

「ライブの最後ですが『ありがとうございました! また遊びに来てね! バイバーイ!』と観客に声をかけたことに驚かされました。また、ライブ後には『台風の中、会場にたくさんのファンの方々が来てくださって無事、デビュー日に沖縄ライブが出来たことを心から感謝しています』というコメントも発表しました。引退表明の文章では『私が長年心に思い』と書いていますので、すでにこの日には決心をしていたのではないでしょうか」(三杉氏)

 

 1990年代に流行したダンスミュージックの代表的存在で、茶髪に細い眉毛、厚底ブーツの姿をした女性たちは「アムラー」と呼ばれ、社会的現象にもなった。

 

“平成の歌姫”は引退後、どんな人生を歩むのだろうか。

(公式サイトに公開された引退コメントの全文)

ファンの皆様へ

ファンの皆様、

いつも応援していただきありがとうございます。

先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。

皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に

心から感謝しております。

ありがとうございます。

今日は、私が長年心に思い、

この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。

「わたくし安室奈美恵は、

2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、

この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」

引退までのこの1年

アルバムやコンサート、

最後にできる限りの事を精一杯し、

有意義な1年にしていきたいと思ってます。

 

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com 

masam2002637.hatenablog.com 

dot.asahi.com

 

 【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【芸能/エンタメ】「安室奈美恵と歩んだ日々」台湾J-POPライターが綴るラブレター

 初めて見たのは<Don’t waa cry>

 

「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます」 

それは2017年9月20日のことだった。

 

f:id:masam2002637:20171202000834p:plain

画像:facebook

9月16日に沖縄で開催された25周年のライブから帰ってきたばかりで、安室奈美恵の素晴らしいパフォーマンスにまだ酔いしれていた僕は、その日、退社前にファンクラブからの告知を受け取った。

僕は、フェイスブックのファンページに、安室奈美恵への誕生祝いを書き込んだばかりだった。衝撃のあまり、言葉も出なかった。

突如、安室奈美恵に関するたくさんの思い出が、自分の中で奔流のように押し寄せてきた。この20年間の出来事が、あたかも昨日のことのように思い出された。

 

 

僕が初めて安室奈美恵のパフォーマンスを見たのは、1996年のNHK紅白歌合戦」だった。衛星中継によって、安室奈美恵の唯一無二の魅力を、日本人の観客と同じように感じることができた。彼女が<Don’t wanna cry>を歌っている間、一瞬たりとも目が離せなかった。まだ彼女が歌い終わっていないうちに、僕はすでに口ずさみやすいサビの旋律を覚えてしまい、彼女のファンになった。

安室奈美恵崇拝への道が、ここから始まった。

90年代前後、J-POPは台湾で爆発的な人気を得た。ちょうど小室ファミリーの全盛期であり、僕も他の多くの音楽好きの同級生と同様、彼らを、ひとつひとつ数えられる自分の宝物のように思っていた。globe、華原朋美TRF……。

 

だけど僕たちが一番好きだったのは、歌えて踊れる、安室奈美恵だった。当時の台湾には、安室奈美恵のような歌手はいなかった。人々をとりこにするルックス、瞳の中には少女の純粋さと独特の個性が光り、小室哲哉によってプロデュースされた斬新な旋律にあわせて、パワフルで美しいダンスのステップを踏んだ。体の底から沸き立つように女王のような気概を立ち上らせ、場を圧倒した。

僕の日本音楽への認識は、安室奈美恵を中心に広がり、深まっていった。

 

この時のJ-POPは、僕たち30代の台湾人にとって、共通の思い出であるだけでなく、日本への憧れを募らせるきっかけとなった。そして僕の人生の中の、もっとも大事な部分の一つだ。

当時中学生だった僕が、お小遣いのほとんどすべてをCD購入のために使ったことを覚えている。日本語は分からなくても、僕の青春は彼女の軽妙なメロディと共にあった。

1998年の年末に、結婚後復帰した安室奈美恵が、紅白歌合戦で<CAN YOU CELEBRATE ?>を歌ったことを覚えている。彼女が感極まって涙した時、海の向こうでテレビの前に座っていた僕も目が赤くなった。

 

2004年の「SO CRAZY in Taipei」で初めて台湾で生の安室奈美恵のパフォーマンスを見た時も、僕は彼女がステージの上で熱唱し踊るのを見ながら、興奮して叫び、<RESPECT the POWER OF LOVE>では、うれしさのあまり涙を流した。家で数え切れないほど聞いてきた曲は、生で聞くとよりいっそう、愛の強大さというものを感じさせてくれた。

僕にとって安室奈美恵は、日本音楽シーンの代表人物だ。同時に彼女は、時代の象徴でもある。小室ファミリーを離れたあと、彼女の歌手人生には浮き沈みがあるが、作品はずっと、他にはない品質を保ってきた。彼女が新しい作品を発表するたびに、僕は購入に走ることによって彼女を支持し続けた。

そして彼女が、ついに2012年、アルバム<BEST FICTION>でベストセラーの女王の座に返り咲いたのを見届けたのだ。

 
安室奈美恵 台湾で3年ぶりのアジアツアー始動

もしかしたら当時、このアルバムが6週間連続ランキング1位になったことを、意外に思った人がいたかもしれない。安室奈美恵が頂点に返り咲くとは思わなかった人たちも多かっただろう。だけど彼女は着実に自分の行きたい道を進み、歌で自分を証明してみせた。

10年以上前に一世を風靡した安室奈美恵は、十数年後にも、再び唯一無二のトップとなれる力を持っていたのである。

 

興味深いことに、日本人の友人と好きな日本人歌手の話になった時、僕が、一番好きなのは安室奈美恵だと言うと、みんなの顔に納得の色が浮かぶ。台湾にしろ、日本にしろ、「安室奈美恵」が「他者の否定できない選択肢」であることに変わりはないのだ。

 

引退のニュースを知ったあと、僕も他のファンと同じように、理由をあれこれ考えた。彼女はファンの中に、自分のベストの姿を残したかったのだろうか? 彼女はすでに、やりたいと思っていたことをやりつくしたのだろうか? 

僕たちは、衝撃を受けながらも同時に「これが安室奈美恵のスタイル」であるとも思っていた。彼女の決意があったからこそ、このような完璧なエンディングを作れたのだと。

 

2017年11月23日、NHKの特集番組として放送された「告白」

彼女は初めて悠然と、息子とのこと、息子のためにお弁当を作っていたというような、自身の生活のことを語った。同時に彼女は引退した後、新しいことをみつけたり、新しい興味を持ったり、とにかく何か新しく始めることができたらいい、という希望を語り、引退後も情熱を持ち、楽しい人生を送れたらいいと思っているという展望を語っていた。

 
第1章 平成のヒロイン‼︎ 安室奈美恵「告白」青春,結婚,出産,復帰

 

彼女がこのように言っているのを見て、彼女のファンである僕も、彼女の決断をようやく理解し、さらに応援したいと思うようになった。

新曲<Finally>で「今ここに立つステージで 新しいストーリーがはじまる」と歌っているように、安室奈美恵は、最後の作品の中で自分の心情を訴えているのだろう。そしてファンである僕は、この機会を逃さず、来年のドームツアーに参加するつもりだ。

彼女の引退後、僕はもしかしたら魂が抜け落ちたようになるかもしれない。でも、安室奈美恵が創り出したこの20年間あまりの輝きに参加できたことは、幸せなことだったのだと思っている。

 

 

FNS歌謡祭2017セットリスト -b’z-安室奈美恵はセットリストになし

FNS歌謡祭2017セットリスト -b’z-安室奈美恵はセットリストになし

f:id:masam2002637:20171204222442j:plain

画像:facebook

当時、(第24回)1995年(平成7年)12月5日(火曜)19時00分から21時48分まで放送 この年は小室ファミリー大豊作の年で「FNS歌謡祭」でもglobeやTRFが初出演した他安室奈美恵さんもこの年「FNS歌謡祭」初出演を果たしました。

 

2017年のセットリスト:

01「諸人(もろびと)こぞりて」

 

NHK安室奈美恵特番を観て思ったことの続き。 ③来年のツアーの観客動員を増やすためにも、今年の紅白とFNS歌謡祭とベストアーティスト2017には出る必要あり。 (日テレとフジテレビの歌披露特番に出ることにより新曲を披露しやすくなるから) ④ホーム環境ばかりのライブで引退するのは勿体ない。

 

 

 Amuro Namie - Fail Live (安室奈美恵 ブチ切れる!!)masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

masam2002637.hatenablog.com

 

安室奈美恵の引退が、ダンサーに与える影響を考えた <アムブロ-AMUBLO->

安室奈美恵は、ダンサーにとって夢の職場だった

f:id:masam2002637:20171204222442j:plain

画像:facebook namie amuro

かつてJ-POPでここまで神格化されたソロ女性アーティストはいたでしょうか。幅広い世代に支持を集め1990年代から現在まで、音楽シーンのトップを走り続ける安室奈美恵。彼女の存在は日本の音楽シーンの誇りですし、これからもそうあり続けると誰もが確信していたと思います。しかし、2017年9月20日。安室奈美恵は2018年9月16日をもって引退することを発表しました。
突然の引退発表にメディアでは連日このことが取り上げられ、ファンも驚きや悲しみ、安室奈美恵への労いの言葉など、さまざまな感情や意見が渦巻くことに。筆者もみなさんと同じ気持ちでしたが、ダンスライターという立場でこのニュースを聞いた時、ひとつの大きな損失が浮かびました。
それは、”安室奈美恵の引退=ダンサーの夢の職場がなくなる”ということです。これはダンス界にとって大きな出来事だと思います。今回は、ダンサーにとって安室奈美恵がどれだけ影響力のあるアーティストだったのかを記事にしました。

 

f:id:masam2002637:20171126203826p:plain

画像:facebook

安室奈美恵みたいなアーティストはもう現れない

安室奈美恵は10代でSUPER MONKEY’Sとしてアーティストデビュー、1995年にソロデビューし、瞬く間に数々のヒット曲を生み出し日本の音楽史に名前を刻んでいきました。
多くの有名アーティストを輩出した沖縄アクターズスクールの特待生出身で、沖縄出身アーティストのレベルの高さを提示したパイオニア的存在です。同時に女性ダンスボーカリストというジャンルをメジャーにしたのも安室奈美恵と言っていいでしょう。

ファンだけでなく、アーティストからも評価が高く、VERBAL今井了介が「日本のジャネット・ジャクソンって誰だろう?」と話し合ったときに安室奈美恵しかいないと評するほど、実力や音楽性が高いアーティストです。

 

masam2002637.hatenablog.com

 

安室奈美恵は単純にビジュアルが良くて、歌とダンスがうまいというアーティストではありません。そういうアーティストならこの先も現れるでしょう。彼女のすごいところは、10代の頃に音楽シーンの天下を取り、絶対的存在になったということです。

今の音楽シーンにそんな10代いるでしょうか? ただでさえダンスグループ主体でソロのダンスアーティストが生まれにくい状況において、安室奈美恵のような若くして音楽シーンのトップを取るソロダンスアーティストが今後生まれる可能性は低いと思います。

 

安室奈美恵のストイックなライブパフォーマンス

安室奈美恵といえば、曲をノンストップで披露するストイックなライブパフォーマンスが有名です。筆者は安室奈美恵のバックダンサーと仕事で話したことがありますが、やはり数いる日本のアーティストの中でも、ストイックで技術と体力が求められる、選ばれたものしか体感できないライブだという発言をしていました。

現在はわかりませんが、リハーサル中は動画の撮影が禁止だったので、動画を撮って後で覚えるということもできなかったようです。限られた時間でパフォーマンスを完璧にするという、現場もストイックな環境でした。

それだけに、安室奈美恵のバックダンサーになれるのはうまいダンサーの中でもごく少数の狭き門になっています。
さらに、安室奈美恵には専属ダンサーがいません。毎回出ているように見えるダンサーもメンタル面などを考慮して、次もバックダンサーにつくかどうか判断するようですし、毎回オーディションも開催されています。
高いダンススキルと強いメンタルがないと務めることができないのが、安室奈美恵の現場なのです。

このことからダンサーにとって憧れの場所であり、自身のスキルを磨き、ダンサーとしてのブランドも築ける。まさに夢の舞台なのです。

 

 

ダンサーにとっての安室奈美恵とは

アーティストのバックダンサーは、ダンサーの仕事の中でも華やかな部類に入る仕事です。ここ数年でバックダンサーを使うアーテイストが増えたので、バックダンサーの仕事は増えましたが、やはり担当するアーティストの知名度や実績によって、ダンサーのブランドの箔が変わってくるのが現実です。
ダンサーにとって、やりがいのあるアーティストとはどういう存在なのか? 筆者がダンサーに取材を重ねた上で感じるのは

・誰もが知っている知名度。もしくはそうなる可能性を秘めている。
・楽曲やパフォーマンスのクオリティが高く、アーティスト自身もダンスがうまい
・ダンサーに対して愛とリスペクトが深い
・アーティストのファンがダンサーを受け入れてくれる

 

他にもありますが、以上の4つをベースに、それぞれダンサーの価値観で重きにするものが変わると思います。
ここ10年でダンサーの知名度や地位が向上して、アーティストとダンサーの関係値も変化してきたこともあり、ダンサーをフックアップしてくれるアーテイストが増えてきました。
浜崎あゆみ倖田來未などのソロ女性アーティスト。ミーティアでも多く取り上げ、自身のダンサーをクルーとして迎えているSKY-HI。筆者が最近取材した中で、ダンサーリスペクトを感じたw-inds.。最近、めちゃイケの「岡村オファーシリーズ」で話題を呼んだ三浦大知。アジアに目を向ければ、東方神起もファンがダンサーも熱く応援してくれます。非常にダンサー愛のある現場が増えました。

こういったアーティストのバックダンサーは、ダンサーにとって夢の職場であると筆者は考えているのですが、安室奈美恵はその最高峰だと思っています。

 

masam2002637.hatenablog.com

 

安室奈美恵ブランドの凄さ

まず、ダンサーを職業として見ると、アーティスト、スポーツ選手、フリーランス個人事業主)という3つの側面を持っています。
ダンスは表現者なので、アーティストと似たフィールドで活動をしますし、体を使った仕事なので、スポーツ選手のように現役でいられる時間も限られ、企業に所属している訳でもなければマネージャーもいないので、基本は一人で事務作業や仕事のやりとりをします。
つまり、アーティストという売れる売れないの厳しい世界で、体のケアをしながら、生きていくために仕事も自分で取らなければいけない。かなり大変な仕事なのです。こういった状況で、ダンサーが仕事を手に入れて有名になるには、影響力やブランド力が必要です。その2つを誰にでもわかりやすく伝えられるのが、アーティストのバックダンサーという実績になります。

安室奈美恵のバックダンサーをやっている」

もうこの一行だけで「この人は安室奈美恵のバックダンサーだったから、実力もあるし人気もある」という評価を相手に伝えられるのです。
中途の採用面接を例にするならば、特に目立った職歴がない人と、Googleでプロジェクトマネージャーをやってましたという二人がきたら、ほとんどの面接官は後者の方を採用すると思います。最大手企業に入る能力とそこで実績を築いたという説得力があるからです。

もちろん、ダンサーは実績だけが全てじゃないですし、深夜のダンスパーティーにいけば、もっとコアなダンスを追求しているうまいダンサーはたくさんいます。ただ、仕事をくれる企業やダンスを知らない層は、そういったシーンの深いところまでは見ないので、やはり有名なワード(本記事でいうアーティストのバックダンサー)を、実績として持つダンサーは影響力が高く、ファンも多いため、ダンサーとして成功している人が多いのです。

f:id:masam2002637:20171112231257j:plain

画像:facebook

スポーツ選手は引退後に、自身の名声や稼いだお金で、お店を出したりするなどセカンドキャリアを築く方もいますが、ダンサーにも当てはまる部分があります。ダンサーとしてある程度知名度が出てくると、イベントをオーガナイズしたり、ダンススタジオを経営したり、最近は企業してダンス事業をするダンサーが増えました。
歴代の安室奈美恵のダンサーでいえば、HIROKI5IGNALというダンスボーカルグループでアーティスト活動をはじめましたし、RYOJIERIKAは、DANCE COMMUNITY ER`Sという事業を立ち上げ、ダンススタジオを運営しています。
それだけ実績というのは、ダンサーにとって現在の活動やセカンドキャリアに影響を与えるのです。そういう意味でも、安室奈美恵というアーティストはダンサーにとって夢の職場です。

 

以上のことから、安室奈美恵はダンサーにとって、自身のダンサーとしての実力が認められる場所、自身のブランド力がつく場所、何よりも日本の音楽シーンのトップに居続けた偉大なアーティストと同じステージでパフォーマンスができるというやりがいを感じられる夢の舞台です。
安室奈美恵の引退によって、ダンス界から夢の職場がひとつなくなってしまうのは、周りが思っている以上にダメージがあリます。それだけ安室奈美恵というアーティストは偉大なのです。

11月8日にはベストアルバム『Finally』のリリース。2018年2月より東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5都市での5大ドームツアー及びアジア公演の開催。着々とラストステージに向けて動きが出ている安室奈美恵。今回は、ダンサーにとっての安室奈美恵の偉大さを紹介しましたが、色々な視点で見ればもっと安室奈美恵のすごい部分が出てくると思います。そういったところも注目して、最後まで応援したいです。

安室奈美恵の引退が、ダンサーに与える影響を考えた | ミーティア(MEETIA)

 

【関連動画:youtube

安室奈美恵 5年ぶりインタビュー 胸中を語る 引退までの約1年の過ごし方は?

masam2002637.hatenablog.com